『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』が7月31日に発売されました!

最新作となるハリー・ポッターシリーズ第8巻『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』が、2016年7月31日に発売されました。

なぜ7月31日なのか?
この日は、ハリー・ポッターの誕生日なんですね。

この『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』は、2016年にイギリスのロンドンで公開されるハリー・ポッターの舞台作品を書籍化したものになります。

ストーリーは、第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後、ハリーと彼の次男アルバス・セルブスの苦悩と葛藤、家族の持つ歴史の重さを描いたものになります。

アルバス・セルブスは、ホグワーツの偉大な2人の校長アルバス・ダンブルドアとセルブス・スネイプにちなんで名づけられました。

19年後のハリーは、魔法省の職員、夫、3人の子どもの父親として多忙を極めているそうです。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』のエンディングで、ジニーと結婚し、3人の子どもの父親になった姿が少しだけ描かれていましたが、大人になったハリー・ポッターは、まだイメージが湧きませんね。

ドラゴンポールZの孫悟空とか、ナルトも大人になって、結婚して、子どもができたから、あんな感じでしょうか? 

私は、これまでハリー・ポッターシリーズは、日本語の翻訳本を読んでから、映画とDVD/ブルーレイを観て、原書で読んできました。

第8巻『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』は、amazonで予約していたので今日届きました。

新しいハリー・ポッターの世界がどんな風に描かれているのか、楽しみです!

この機会に、第1巻~第7巻も、原書を再読して復習したいと思います。


■シリーズ第8作
『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』


■シリーズ第1作
『Harry Potter and the Sorcerer's Stone(ハリー・ポッターと賢者の石)』
Harry Potter and the Sorcerer's Stone


■シリーズ第2作
『Harry Potter and the Chamber of Secrets (ハリー・ポッターと秘密の部屋)』


■シリーズ第3作
『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(ハリー・ポッターとアズカバンの囚人)』 


■シリーズ第4作
『Harry Potter and the Goblet of Fire(ハリー・ポッターと炎のゴブレット)』


■シリーズ第5作
『Harry Potter and the Order of the Phoenix(ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)』

■シリーズ第6作
『Harry Potter and the Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス)』

 
■シリーズ第7作
『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)』