ディズニー映画の傑作アニメ「美女と野獣」

今日、うちのかみさんと劇団四季の「美女と野獣」を観てきました。

私はもともとミュージカルは嫌いでした。突然歌いだすし、踊りだすし、訳わかんねーって思ってたので・・・。
でもかみさんが劇団四季のミュージカルを好きで、以前、一緒に「Cats」を観て以来、毎年1回は劇団四季を観に行くようになりました。

「美女と野獣」は、もともと1991年にディズニーが制作した長編アニメ映画です。
長編アニメーションとして、初めてアカデミー賞にノミネートされた傑作です。今観ても、まったく古さを感じさせません。
主題歌の「Beauty and the Beast」も大ヒットしました。劇団四季のミュージカルでも歌われましたが、本当に名曲ですね。

ディズニー映画は、子ども向けなので比較的やさしくてわかりやすい英語が使われています。そのうえ、大人が観ても楽しめる、泣ける、感動のストーリーが多いので、多読・多聴には最適です。

洋画や海外ドラマで多読・多聴するときは、DVDかブルーレイで、英語字幕、英語音声にして観ます。慣れてきたら字幕なしにして、英語音声のみで観ます。逆に、初めて観る映画で、英語字幕ではストーリーがつかめなかったり、英語の聞き取りが難しくてストレスを感じる場合は、最初に一度、日本語字幕で観てストーリーをつかんでから、英語字幕に切り替えるとよいです。

ストーリーは、魔女によって野獣の姿に変えられた王子と、美しい少女ベルが森の中の魔法に掛けられた古城で出会うところから展開していきます。
残された時間はあとわずか。果たして王子に掛けられた呪いは解けるのか?

何度観ても感動できる名作アニメ映画で、多読・多聴を楽しみましょう!

「美女と野獣」のDVD/ブルーレイ