多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ

多読・多聴による英語学習法の紹介やおすすめの洋書・洋楽・洋画・海外ドラマのレビュー

ペーパーバックで英語多読

多読・多聴におすすめの洋書・洋楽・洋画・海外ドラマを紹介します。
私の体験談やレビューが、英語学習の参考になったらうれしいです。

ハリー・ポッター最新作『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』で英語多読

『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』が7月31日に発売されました!

最新作となるハリー・ポッターシリーズ第8巻『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』が、2016年7月31日に発売されました。

なぜ7月31日なのか?
この日は、ハリー・ポッターの誕生日なんですね。

この『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』は、2016年にイギリスのロンドンで公開されるハリー・ポッターの舞台作品を書籍化したものになります。

ストーリーは、第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後、ハリーと彼の次男アルバス・セルブスの苦悩と葛藤、家族の持つ歴史の重さを描いたものになります。

アルバス・セルブスは、ホグワーツの偉大な2人の校長アルバス・ダンブルドアとセルブス・スネイプにちなんで名づけられました。

19年後のハリーは、魔法省の職員、夫、3人の子どもの父親として多忙を極めているそうです。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』のエンディングで、ジニーと結婚し、3人の子どもの父親になった姿が少しだけ描かれていましたが、大人になったハリー・ポッターは、まだイメージが湧きませんね。

ドラゴンポールZの孫悟空とか、ナルトも大人になって、結婚して、子どもができたから、あんな感じでしょうか? 

私は、これまでハリー・ポッターシリーズは、日本語の翻訳本を読んでから、映画とDVD/ブルーレイを観て、原書で読んできました。

第8巻『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』は、amazonで予約していたので今日届きました。

新しいハリー・ポッターの世界がどんな風に描かれているのか、楽しみです!

この機会に、第1巻~第7巻も、原書を再読して復習したいと思います。


■シリーズ第8作
『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』


■シリーズ第1作
『Harry Potter and the Sorcerer's Stone(ハリー・ポッターと賢者の石)』
Harry Potter and the Sorcerer's Stone


■シリーズ第2作
『Harry Potter and the Chamber of Secrets (ハリー・ポッターと秘密の部屋)』


■シリーズ第3作
『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(ハリー・ポッターとアズカバンの囚人)』 


■シリーズ第4作
『Harry Potter and the Goblet of Fire(ハリー・ポッターと炎のゴブレット)』


■シリーズ第5作
『Harry Potter and the Order of the Phoenix(ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)』

■シリーズ第6作
『Harry Potter and the Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス)』

 
■シリーズ第7作
『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)』 
 

村上春樹の英訳本で英語多読を楽しむ

意外と読みやすい村上春樹の英訳本は英語多読におすすめ

私は、NHKラジオ講座「村上春樹を英語で読む」で、村上春樹の小説を英訳で「読む」、「聴く」楽しさを知りました。

村上春樹は、英語を習得するための方法として、「意味がわかってもわからなくても片端から読む」、「英語を読めるようになるには英語を読むしかない」、「必要に迫られなければ駄目」ということを上げています。

まさに多読による英語学習の極意ですね。

村上春樹が小説を書き始めたころは、まず英語で書き、それを日本語に訳していたそうなので、もともと村上春樹の小説は英語との親和性が高いのかもしれません。

これから村上春樹の英訳本を読んでいこうと思うので、これまでに英訳されている村上春樹の主な作品をリストアップしました。

いきなり英訳本で読むのが難しい場合、NHKラジオ講座「村上春樹を英語で読む」を単行本化した
『村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解』『村上春樹「象の消滅」英訳完全読解』は、英訳文とオリジナルの日本語原作が併記されているので、そちらから読むとよいと思います。



<長編小説>
Hear the Wind Sing(原作:『風の歌を聴け』)
Hear the Wind Sing
Hear the Wind Sing [ペーパーバック]


Pinball 1973(原作:『1973年のピンボール』)

Wind/Pinball:Two Novels(原作:『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』)

A Wild Sheep Chase(原作:『羊をめぐる冒険』)

Hard-Boiled Wonderland and the End of the World(原作:『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』)

Norwegian Wood(原作:『ノルウェイの森』)

Dance Dance Dance(原作:『ダンス・ダンス・ダンス』)

South of the Border,West of the Sun(原作:『国境の南、太陽の西』)

The Wind-Up Bird Chronicle(原作:『ねじまき鳥クロニクル』)

Sputnik Sweetheart(原作:『スプートニクの恋人』)

Kafka on the shore(原作:『海辺のカフカ』)

After Dark(原作:『アフターダーク』)

1Q84(原作:『1Q84』)

Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage(原作:『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』)

<短編集>
After The Quake(原作:『神の子どもたちはみな踊る』)

The Elephant Vanishes(原作:『象の消滅』)

Blind Willow,Sleeping Woman(原作:『めくらやなぎと眠る女』)

<随筆>
What I talk about When I talk about Running(原作:『走ることについて語るときに僕の語ること』)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で英語多読・多聴

『Fantastic Beasts and Where to Find Them:The Original Screenplay』は2016年11月19日発売予定!

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、2016年11月23日公開です。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オフィシャル・サイトでは、映画の特報や予告編を観ることができます。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オフィシャル・サイト


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ハリー・ポッター第1作より約70年前のニューヨークが舞台です。

主人公は、ニュート・スキャマンダー。ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、魔法動物学者です。

ハリー・ポッターたちが学ぶホグワーツ魔法魔術学校の授業で使用している教科書『幻の動物とその生息地(Fantastic Beasts and Where to Find Them)』を編纂した人物です。

もちろん、物語上の設定ですけど・・・


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の原作は、ハリーポッターシリーズのJ.K.ローリングの著書『幻の動物とその生息地(Fantastic Beasts and Where to Find Them)』です。



そして、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開に合わせて、その脚本が2016年11月19日に発売されます。J.K.ローリングが初めて手掛ける映画の脚本です。
現在、Amazonで予約受付中です。



私は、これまでハリー・ポッターシリーズは、日本語の翻訳本を読んで、映画を観て、DVD/ブルーレイを観て、英語の原作を読んできました。

魔法の世界の物語や映画を楽しみながら、英語音声や英語字幕で多聴・多読し、原作で英語多読しています。

ハリー・ポッターの新シリーズに位置づけられている『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、映画の公開日、映画脚本の発売日からみて、すでに発売されている原作を読んで、映画を観て、映画脚本を読むという順番になりそうです。


また、ハリー・ポッター最新作『Harry Potter snd the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども)』は、ハリー・ポッターの誕生日にちなんで7月31日に発売されます。

こちらは、2016年にイギリスのロンドンで公開されるハリー・ポッターの舞台作品を書籍化したものです。

早速、amazonで予約しました。




■関連記事
ハリー・ポッター最新作『Harry Potter and the Cursed Child(ハリー・ポッターと呪われた子ども』で英語多読 
スポンサーリンク
ブログランキング


にほんブログ村 英語ブログへ
プロフィール
【ニックネーム】タドッキー
男性。薬師丸ひろ子と同い年。
英語多読歴13年。
メッセージ

名前
メール
本文
著作権
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツは、著作者が所有しています。許可なく、個人的な目的以外で使用することは禁止されています。
免責事項
「多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ」(
(以下、当サイト)は、無料で提供されています。

当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いします。

当サイトを利用することでの何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、一切責任を問わないものとします。

当サイトが紹介している情報、ウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、合理性、有用性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトの情報は、予告なく変更、削除される場合があります。

当サイトの情報を利用する場合は、免責事項に同意したものとします。
プライバシーポリシー
「多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ」(以下、当サイト)は、サイト利用者のプライバシーに関わる個人情報を保護することに細心の注意を払い取り組みます。

当サイトが用意した入力箇所で入力された情報は、サイト利用者本人の許可なく第三者に開示しません。また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開示しません。

ただし、コメント欄などにサイト利用者ご自身が個人情報を入力した場合、意図しない利用がなされる可能性があることに十分ご留意ください。当サイトが用意した入力箇所以外の場所に入力された情報は、個人情報保護の対象外となり、サイト利用者ご自身の責任となりますのでご了承ください。

■広告配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー、第三者配信事業者の提供する広告を掲載しています。Googleを含む第三者配信事業者はCookieを使用して、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナー、第三者配信事業者は当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は、広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用されるDoubleClick Cookieを無効にできます。また、aboutads.infoのページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝し、リンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

■商標について

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。