ザ・ビートルズ前期の名曲を集めたベスト・アルバム「赤盤」

ザ・ビートルズ(THE BEATLES)のデビューした1962年~1966年までの名曲を集めたベスト・アルバム、それが「赤盤」の愛称で親しまれている『ザ・ビートルズ1962年~1966年(THE BEATLES 1962-1966)』です。

ちなみに、後期のベスト・アルバム『ザ・ビートルズ1967年~1970年』は「青盤」と呼ばれていますが、それぞれアルバムジャケットの色にちなんでいます。

このベスト・アルバムには、1962年~1966年に発表されたシングルヒット曲だけでなく、アルバム収録曲の中からも選曲されています。

初期のザ・ビートルズの曲は、ストレートなロックンロールやラブソングが多く、歌詞もシンプルでわかりやすいので、洋楽で英語学習するにはおすすめです。

どれも良い曲ばかりですが、洋楽での英語多読・多聴入門におすすめなのは、「And I Love Her(アンド・アイ・ラヴ・ハー)」「Yesterday(イエスタデイ)」「You've Got to Hide Your Love away(悲しみをぶっとばせ)」「Norwegian Wood(ノルウェーの森)」「Michelle(ミッシェル)」「In My Life(イン・マイ・ライフ)」「Girl(ガール)」などのバラード曲です。

英語の多読・多聴入門編としては、「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」「All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)」「Eight Days a Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク」など、初期のあまりテンポの早くない、シンプルな歌詞の曲もおすすめです。

中期になると、単純なラブソングだけでなく、「Help!(ヘルプ!)」「Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)」「Eleanor Rigby(エリナー・リグビー)」など、詩的で感銘を受ける曲が増えてくるので、歌詞カードを読みながら是非聴いてみてください。

【収録曲】
<DICS1>
Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)
Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)
From Me to You(フロム・ミー・トゥ・ユー)
She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)
I Want to Hold Your Hand (抱きしめたい)
All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)
Can't Buy Me Love(キャント・バイ・ミー・ラヴ)
A Hard Day's Night(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
And I Love Her(アンド・アイ・ラヴ・ハー)
Eight Days a Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)
I Feel Fine(アイ・フィール・ファイン)
Ticket to Ride(涙の乗車券)
Yesterday(イエスタデイ)

<DISC2>
Help!(ヘルプ!)
You've Got to Hide Your Love away(悲しみはぶっとばせ)
We Can Work It out(恋を抱きしめよう)
Day Tripper(デイ・トリッパー)
Drive My Car(ドライヴ・マイ・カー)
Norwegian Wood(This Bird Has Flown)(ノルウェーの森)
Nowhere Man(ひとりぼっちのあいつ)
Michelle(ミッシェル)
In My Life(イン・マイ・ライフ)
Girl(ガール)
Paperback Writer(ペーパーバック・ライター)
Eleanor Rigby(エリナー・リグビー)
Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)


「ザ・ビートルズ1962年~1966年」のCD

スポンサーリンク