実際に利用しているからこそわかるHuluのメリット・デメリットとは?

私は英語学習が目的で動画配信サービスのHulu(フールー)を利用しているので、その観点から実際に利用してみてわかったメリットとデメリットを紹介します。メリットが3つ、デメリットが2つあります。

<メリット>
1.「日本語字幕」「英語字幕」「字幕なし」が選択できる。

洋画や海外ドラマを利用して英語学習するには、「英語音声」で「英語字幕」にして観るという方法が基本になります。DVD/ブルーレイでは、当たり前にできることですが、動画配信サービスでは、いまのところHuluとNetflixしか「英語字幕」で観ることができません。

「英語字幕」では意味がわからないところがあれば、「日本語字幕」で内容を理解してから再度「英語字幕」で観ます。「英語字幕」である程度理解できるようになったら、「字幕なし」にして「英語音声」だけで観ます。

2.月額933円(税抜)で見放題だからコスト・パフォーマンスが高い。
レンタルDVD/ブルーレイを10本以上借りたら1本100円でも1,000円以上かかるので、定額で見放題というのは魅力です。英語学習のために、月10本以上洋画や海外ドラマを観たら元が取れます。

3.英語学習に適した海外ドラマが充実している。
私は、主に「フレンズ」や「glee(グリー)」「シャーロック」などで英語学習していますが、ほかにも「ウォーキングデッド」「24」「プリズンブレイク」「リベンジ」「デスパレートな妻たち」「SUITS(スーツ)」「クリミナルマインド」「ボーンズ」「LOST」「ホワイトカラー」など、海外ドラマの人気作がたくさんラインナップされています。

<デメリット>
1.吹替版と字幕版の動画が別々になっている。

吹替版と字幕版が別々の動画になっているため、動画を探すときに同じ映画が2種類表示されます。そのため、字幕版を探すのに多少手間がかかるのと、「日本語音声」で「英語字幕」にして観ることができません。

探す手間といっても許容範囲だし、「日本語音声」で「英語字幕」にして観るというマニアックな学習方法ができなくても致命的ではありません。

2.新作映画のラインナップが少ない。
海外ドラマのラインナップは充実していますが、新作映画はほとんどありません。
といっても、旧作や準新作で英語学習に利用できる映画が結構あるし、海外ドラマを観るだけでも時間が足りないのであまり困りませんけど・・・。


私はデメリットよりも、メリットのほうが大きいと感じているので、Huluを英語学習に利用しています。

Huluは、2週間無料体験できるので、実際に利用してみて、メリット・デメリットを確かめられる点もいいですね。


 

スポンサーリンク