洋画で多読・多聴に最適なディズニーのアニメ映画

前回はピクサーのアニメーション映画について紹介しましたが、ピクサー・アニメーション・スタジオは、ディズニーの100%子会社なので、ディズニー映画として公開されています。
でも、ディズニーのアニメーション映画自体50作品以上あるので、ピクサー映画はそれとは別に紹介しました。

ピクサー同様、ディズニーのアニメーション映画は、子ども向けなので使われている英語はやさしくて、かつ大人でも楽しめるものが多いので、洋画で多読・多聴をはじめるには最適です。

洋画で多読・多聴をする方法は、前回も紹介しましたが、
1.音声「英語」:字幕「英語」
2.音声「英語」:字幕「なし」
3.音声「英語」:字幕「日本語」
4.音声「日本語」:字幕「英語」
の4つのパターンの組み合わせで行います。

最初は自分の英語のレベルに応じて、1~4のパターンのいずれかの方法で映画を観ます。
2回目以降は、ストーリーや会話の内容の理解度に応じて、1~4のパターンを必要に応じて切り替えながら、最後は2の音声「英語」:字幕「なし」でも楽しめるようになるまで繰り返し映画を観ます。

同じ映画を何回も観るので、飽きずに、楽しく何度も観れる必要がります。
その点でも、やはりピクサーやディズニーのアニメ映画はおすすめです。

ディズニーの最初のアニメーション映画「白雪姫」は、なんと1937年の作品なんですね。
50作品以上あるので、年代別に区切って紹介します。

もちろん、私も全作品は観ていませんが、「アナ雪」「ベイマックス」など最近の大ヒット作や「ピーター・パン」「美女と野獣」「ライオンキング」など不朽の名作まで、お好みの作品から洋画で多読・多聴をはじめてみてはいかがでしょうか。

【1930年・40年代】
1.白雪姫(1937年)
2.ピノキオ(1940年)
3.ファンタジア(1940年)
4.ダンボ(1941年)
5.バンビ(1942年)
6.ラテン・アメリカの旅(1942年)
7.三人の騎士(1944年)
8.メイク・マイン・ミュージック(1946年)
9.ファン・アンド・ファンシーフリー(1947年)
10.メロディ・タイム(1948年)
11.イカボードとトード氏(1949年)

【1950年・60年代】
12.シンデレラ(1950年)
13.ふしぎの国のアリス(1951年)
14.ピーター・パン(1953年)
15.わんわん物語(1955年)
16.眠れる森の美女(1959年)
17.101匹わんちゃん(1961年)
18.王様の剣(1963年)
19.ジャングル・ブック(1967年)

【1970年・80年代】
20.おしゃれキャット(1970年)
21.ロビン・フッド(1973年)
22.くまのぷーさん完全保存版(1977年)
23.ビアンカの大冒険(1977年)
24.きつねと猟犬(1981年)
25.コルドロン(1985年)
26.オリビアちゃんの大冒険(1986年)
27.オリバーニューヨーク子猫ものがたり(1988年)
28.リトル・マーメイド(1989年)

【1990年代】
29.ビアンカの大冒険ゴールデン・イーグルを救え!(1990年)
30.美女と野獣(1991年)
31.アラジン(1992年)
32.ライオンキング(1994年)
33.ポカホンタス(1995年)
34.ノートルダムの鐘(1996年)
35.ヘラクレス(1997年)
36.ムーラン(1998年)
37.ターザン(1999年)

【2000年代】
38.ファンタジア2000(2000年)
39.ダイナソー(2000年)
40.ラマになった王様(2000年)
41.アトランティス失われた帝国(2001年)
42.リロ・アンド・スティッチ(2002年)
43.トレジャー・プラネット(2002年)
44.ブラザー・ベア(2003年)
45.ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!(2004年)
46.チキン・リトル(2005年)
47.ルイスと未来泥棒(2007年)
48.ボルト(2008年)
49.プリンセスと魔法のキス(2009年)

【2010年代】
50.塔の上のラプンツェル(2010年)
51.くまのプーさん(2011年)
52.シュガー・ラッシュ(2012年)
53.アナと雪の女王(2013年)
54.ベイマックス(2014年)
55.ズートピア(2016年)

「ディズニーアニメ」のDVD/ブルーレイ 


スポンサーリンク