英語の多読をはじめたいけど、最初に読む本は何がいいのかな?
どんな本をどうやって読んでいけばいいんだろう?
これから多読をはじめようと思っている方や現在100万語をめざしている方が悩むポイントだと思います。

どんな本をどれだけ読むかは人それぞれですが、私が多読をはじめてから100万語を達成するまでの体験を踏まえて、どんな順番で、どんな本を読んだらいいか、紹介します。



英語の多読をはじめよう!

どの本から読めばいいのか・・・
その答えは、レベル0の本からです。
レベル0は、語彙250語までの本です。

ここでのレベルは、SSS英語学習法研究会が決めている読みやすさレベルに準拠しています。

多読入門にオススメの本は、『Oxford Reading Tree』です。
『Oxford Reading Tree』はイギリスの小学校教科書で、人気のキッパーシリーズはStage0~Stage9まで段階的にレベルを上げながら読み進めることができる絵本です。
自分の英語のレベルに合わせて、どのStageの本から読みはじめるか決めるとよいと思います。



英語多読100万語をめざそう!

レベル0からレベル1(語彙500語まで)、レベル2(語彙800語まで)、レベル3(語彙1,300語)と徐々に読む本の難易度を上げていきます。100万語までは、レベル3までの本を読むのがオススメです。

レベル1でオススメの本は、何と言っても『Frog and Toad』です。
Arnold Lobel作のほのぼのとした物語のシリーズです。挿絵も豊富で読みやすいです。

GR(Graded Readers)は、レベル分けされた英語学習者用の読み物です。
Renguin Readers、Oxford Bookworms Library、Cambridge English Readers、Macmillan Readersなどが有名です。

レベル1~3のGRでは、Oxford Bookworms LibraryのTim Vicaryの作品が特にオススメです。
Cambridge English Readersの女性刑事Loganシリーズも人気があります。

レベル1~3の児童書では、Louis SacharのMarvin RedpostシリーズやRoald Dahl、Jacqueline Willson、Lois Lowryなどの作品がオススメです。

Happy Reading!


スポンサーリンク