多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ

多読・多聴による英語学習法の紹介やおすすめの洋書・洋楽・洋画・海外ドラマのレビュー

多読・多聴におすすめの洋書・洋楽・洋画・海外ドラマを紹介します。
私の体験談やレビューが、英語学習の参考になったらうれしいです。

【英語多読におすすめの絵本】『Guess How Much I Love You』

絵本と侮ることなかれ!
大人でも楽しめます! 癒されます! 感動します!
そんな絵本がたくさんあります。

私が読んだ本の中で、英語多読入門におすすめの絵本を紹介します。


親子の愛情の深さを描いた読み聞かせにおすすめの絵本

 『Guess How Much I Love You(どんなにきみがすきだかあててごらん)』は、野うさぎの親子がお互いの愛情の深さを競い合うお話です。

お父さんが、子どもより自分の愛のほうが大きい、と言って子うさぎに勝ち誇るのは大人げない、という見方もありますが、親子が互いの愛情を確かめ合う姿は微笑ましいです。

お子さんがいらっしゃる方なら、「お父さん(お母さん)はどれくらいぼく(わたし)のこと好き?」と聞かれた経験があるかもしれません。

そんなとき、「こ~んなに好きだよっ」て照れずに言えるでしょうか?

子どもに対して、恥ずかしくて「愛しているよ」と言えないお父さん、お母さんは、ぜひこの本でお子さんに読み聞かせしてあげてください。

きっとお子さんが、「ぼく(わたし)は、こ~んなにお父さん(お母さん)のことが好きだよ」って言ってくれると思います。

そしたら「お父さん(お母さん)だって、きみにことがこ~んなに好きだよ」って言ってあげてください。

そんな親子の会話のきっかけになる素敵な絵本ですよ。


【英語多読におすすめの本】英語学習書「Big Fat Cat」シリーズ

多読でストーリーを楽しみながら英語学習できるおすすめのシリーズ


英語の学習書というと堅いイメージがありましたが、そのイメージを一新したのがこの「Big Fat Cat」シリーズです。

もともと『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』が英語学習書のベストセラーになりました。

それまでの英語学習書は、文法用語で解説されたおもしろくない読み物だったので、途中で挫折するという人が多かったと思います。

この本は、文法用語を使わず、イラストや箱、矢印を使って、英語の構造をわかりやすく教えてくれます。

そして、何よりもパイ職人のエドとパイが大好物の太ったネコの物語を読むことで、英語を読む楽しさを教えてくれます。

英語多読入門のための解説書のような本ですね。

その後、エドと太ったネコを主人公にした読み物がシリーズ化(全7巻)されます。それが「Big Fat Cat」シリーズです。

このシリーズは、英語自体比較的簡単で読みやすいですが、難しい単語にはルビが振ってあり、巻末には英語学習のための解説が掲載されているので、辞書は引かずに読むことができます。

シリーズは、最初のほうが使われている英語の難易度もやさしめで、解説も詳しいです。

巻が進むにつれて、徐々に英語のレベルが上がり、物語の文章量が増えていくので、1巻から順番に読んでいったほうがよいです。

英語をお勉強モードでなく、多読を楽しみながら学べるおすすめのシリーズです。




 












【英語多読におすすめの絵本】『Harry the Dirty Dog』ジーン・シオン著

絵本と侮ることなかれ!
大人でも楽しめます! 癒されます! 感動します!
そんな絵本がたくさんあります。

私が読んだ本の中で、英語多読入門におすすめの絵本を紹介します。


世界的に有名な名作絵本『Harry the Dirty Dog(どろんこハリー)』

『Harry the Dirty Dog』は、『どこんこハリー』として日本でも大変人気のある絵本です。

初版は1956年ということなので、黒ぶちの犬ハリーは、60年も愛され続けているんですね。

ストーリーは、お風呂が嫌いなハリーが、家から逃げ出して、泥んこの「白ぶち」ハリーに変身してしまうお話です。

お家に帰ったハリーのことを、家族の誰もハリーだと気づいてくれないなんて・・・悲しすぎます。

個人的には、「自分の愛犬なら、汚れて見た目が変わってもわかれよー!」と思ってしまいますが、そこは、「お風呂にちゃんと入らないとこんなひどい目にあっちゃうよ 」という教訓をお風呂嫌いの子どもたちに伝えたいということでしょか・・・

それはともかく、何しろハリーの絵が可愛いです。

犬好きならたまりません。

英語もシンプルでわかりやすいので、英語多読入門におすすめの絵本です。




 
スポンサーリンク
ブログランキング


にほんブログ村 英語ブログへ
プロフィール
【ニックネーム】タドッキー
男性。薬師丸ひろ子と同い年。
英語多読歴13年。
メッセージ

名前
メール
本文
著作権
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツは、著作者が所有しています。許可なく、個人的な目的以外で使用することは禁止されています。
免責事項
「多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ」(
(以下、当サイト)は、無料で提供されています。

当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いします。

当サイトを利用することでの何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、一切責任を問わないものとします。

当サイトが紹介している情報、ウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、合理性、有用性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトの情報は、予告なく変更、削除される場合があります。

当サイトの情報を利用する場合は、免責事項に同意したものとします。
プライバシーポリシー
「多読・多聴ナビ~おすすめ洋書・洋楽・洋画・海外ドラマ」(以下、当サイト)は、サイト利用者のプライバシーに関わる個人情報を保護することに細心の注意を払い取り組みます。

当サイトが用意した入力箇所で入力された情報は、サイト利用者本人の許可なく第三者に開示しません。また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開示しません。

ただし、コメント欄などにサイト利用者ご自身が個人情報を入力した場合、意図しない利用がなされる可能性があることに十分ご留意ください。当サイトが用意した入力箇所以外の場所に入力された情報は、個人情報保護の対象外となり、サイト利用者ご自身の責任となりますのでご了承ください。

■広告配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー、第三者配信事業者の提供する広告を掲載しています。Googleを含む第三者配信事業者はCookieを使用して、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナー、第三者配信事業者は当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は、広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用されるDoubleClick Cookieを無効にできます。また、aboutads.infoのページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝し、リンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

■商標について

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。